宅建士

宅建士の受験を決意!! 不動産屋を開業するのか!?

  1. HOME >
  2. 宅建士 >

宅建士の受験を決意!! 不動産屋を開業するのか!?

スポンサーリンク

憧れの配当金生活まであと「2145日」

 

今年の3月、4月に緊急事態宣言が発令されて、在宅勤務になった時にね、何かしよう!って事で、このブログを始めたんですけど。

 

ブログを始めてもう4ヶ月くらいになって、記事数も100記事近くになってきました。

 

相変わらずPV数は底辺をウロウロしていますけど、元々好きなことを書いていこうって事で始めたので、この辺はある程度は仕方ないかなとか思っています。

 

んでもって、今回は4連休って事で、また何か始めようかなって事で・・・。

 

宅建士にでもなろうか!ってことで、宅建士の試験にチャレンジしたいと急に思いつきました。

 

注意ポイント

※配当金生活までの日数は公開日を基準としております。随時更新をしておりますが更新時を基準とはしておりません。

 

宅建士の試験にチャレンジするぞ!

 

 

という事で、宅建士のテキストを購入しましたよ。

 

何も知らずに思い付きで購入しましたので、一から読んでみると・・・。

 

試験が10月のようですね。(そんな事も知らない(笑))

 

そして、申し込みが今月(7月)末までみたい。

 

早速、申し込むという方法もあるんでしょうけど、今年はコロナの状況もわかんないですし、別に急いでいる訳でもないので、来年の受験に照準を絞っていこうと思います。

 

出題範囲は、民法・宅建業法・建築基準法などの法令ってところですね。

 

私は20年ほど前に、真剣に司法書士を目指して勉強していた時期がありますので、民法に関しては少し自信があります。

 

少し基本テキストを読んでみると、もちろん忘れている部分もありますし(なんせ20年前の話ですからね)、法改正している部分も結構ありますので、もう一度勉強し直したいなとか思っていますけど、それほど抵抗はありませんね。

 

宅建業法や建築基準法などの法令に関しても、10年以上も不動産投資にて不動産と携わってきておりますので、違和感なく入っていくことができそうですね。

 

ということで、今から1年と3か月は宅建士の勉強をしていきたいと思いますね。

 

 

そして、ここからが重要なんです。

 

宅建士の試験は50問の出題で、毎年50点満点中35点くらいが合格点の基準みたいなんですけど、どうせならですよ、目指せ満点で勉強してみたいと思います。

 

ただし、成績発表では点数まで発表されないようですので、本当に満点で合格したかどうかはわかりませんけど。

 

まぁ、結局すべてが自己満足の世界なんですからね。良し良し。

 

その先で何が待っているのかは、今の私にはわかりませんけど、

 

持っていて損するもんでもないでしょうし、ひょっとしたら、また思い付きで不動産屋でも始めたいと思うかもしれませんので、その辺はあまり考えずに勉強したいと思います。

 

という事で、これからは、このブログのカテゴリーに宅建士を追加したいと思いますね。

 

興味がある人は、一緒に受けてみませんか?

 

みらきゅる
ランキングに参加中です。 押してケロ。 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ありがとうございます。わたしも押してね。

人気ブログランキング

注意ポイント

上記はへたっぴ投資家である、私(みらきゅる)の妄想・思い込みである可能性が極めて高いですので、読者の皆さんはくれぐれも鵜呑みにしないようにお願いいたします。(根本的な間違いもあるかもしれませんがご容赦のほどお願いいたします。)そして必ず投資は自己責任にてお願いいたします。

スポンサーリンク

-宅建士

© 2020 「みらきゅる不動産」「みかん倶楽部」 Powered by AFFINGER5